第14回 生きるか死ぬか、国家機密
5ebc9d78bd21787bab415e2b

第14回 生きるか死ぬか、国家機密

¥100 税込

※こちらはダウンロード商品です

fuusui07.pdf

475KB

当時の風水師は、皇帝にのみ、仕えていました。 そして、皇帝の墓の場所、首都の場所、 戦いの場所などの国を左右する重要事項の決定に、 大きな影響力を持っていました。 さらに首都の決定または 墓の設営、皇帝の 長男誕生の場所も、 風水師によって決められていました。 また、その後、秘密を守るために関わった 風水師を殺した、ともされています。